育児に際してフリーランスをする女性の事例

エンジニアがフリーランスで働こうと決意する事例として、女性エンジニアが家庭の事情を考えたというパターンがあります。結婚して家事を担うようになったり、妊娠してこれから家事と育児の負担が大きくなったりしても働き続けられるようにしたというのが代表的なケースです。
フリーランスでは、定められた時刻に会社に通勤するのは必須ではありません。そのような形で契約をする案件もありますが、全て在宅で行えるものもあります。
女性エンジニアが結婚したり妊娠したりしてフリーランスを選んだ事例では、自宅でできる案件だけを選んで働いているのが特徴です。アプリ開発などの成果物を納品すれば良いタイプの仕事や、ネットワークアプリケーションの維持や運営などを行う案件であれば自宅で従事することができます。

育児をしているときには、四六時中子供の世話に手を焼く必要があるわけではありません。いつも目の届くところにいるようにするのは大切ですが、実際には時間的に余裕がある場合がほとんどです。合間を縫ってできる仕事を選ぶことで、育児や家事とうまく仕事を両立させて効率的に稼ぐのに成功している例が多くなっています。

エンジニアとして働いていきたい女性は、育児中のキャリアとしてフリーランスを考えてみると良いでしょう。育児が終わった後もそのままフリーランスを継続する人もいますが、そのキャリアを生かして転職し、企業で再び働き始める人もいるので将来展望も良好です。